料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

世界でいちばんおいしいごちそうって、なんだろう? その14

いよいよ、当日がやってきました。
彼女はお連れの方と一緒に、
いつものようににこやかな笑顔で、
ていねいに、まず「よろしくお願いします」
とお辞儀をしました。
スタッフは、おふたりを準備しておいたカウンター席に
ご案内しました。



僕もご挨拶です、「よろしくお願いします」、
まず、今日のコースをご説明しました。






*********






「彼女のためのフルコース、オートクチュールのように」



<アミューズ・ブーシュ>
愛媛産の車海老に包まれた、極上キャビア、サワークリーム添え



<一皿目のオードブル>
ビュルゴー家の誇るシャラン鴨のエギュイエットのカルパッチョ仕立て、
グレープフルーツのドレッシングソースのルッコラのサラダを添えて



<二皿目のオードブル>
スペシャリテ、
フレッシュフォワグラのポワレ、シェリーヴィネガーソース、
苺のソテーと共に



<魚料理>
ウロコとともにポワレした越前産グジ、
野菜のミジョテ、そのジュとバジルのピストーソース





<肉料理>
柳生さんの育てた生後二ヶ月の乳飲み仔羊のロティ、
ジロル茸のソテーとサマートリュフの香り、
シンプルな仔羊のジュに赤ワイン風味をつけたソースで



<アヴァン・デセール>
定番、
アールグレイのクレーム・ブュルレ




<グランデセール>
ココナッツのジュレとパイナップルのソルベ、
熱々のパイナップルのソテーをかけて





僕の説明を、おふたりは聞いておられます、
彼女の目の輝きには、彼女の好奇心と、
きょうの日への情熱が感じられます。
僕も、手ごたえを感じます。




つづく
[PR]
by le-tomo | 2008-07-19 04:58 | 世界でいちばんおいしいごちそう
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite