料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

~第90章 急な坂道 ~  <僕の料理人の道>

レストランは、寮を出て左側に山を下りるようにして、
歩いて5分くらいのところにあり、
ムージャン村の中心は、寮を出て右側に、
山を登るように道沿いに歩いて、
だいたい30分のところにありました。

僕は、淡いカラフルな色の建物がたくさん並んでいる、
かわいらしいムージャン村が大好きで、休みの日には、
むしろ、はなやかな高級リゾートの街、カンヌより、
のどかでかわいらしいムージャン村へ、
てくてくと歩いていくのが大好きでした。
ときには友達に誘われて、カンヌへ遊びに行くこともありましたが、
一人でのんびりとムージャン村のカフェで、
エスプレッソを飲みながら、ロジェ・ベルジェ氏の料理本を読み、
太陽の料理に酔いしれている時間もとても幸せでした。



その日は、雲ひとつない、空一面が真っ青の、
とても気持ちのいい休日でした。
気がついた時、すでに時計の針は午前10時をまわっていました。
とりあえず、シャワーを浴びて、目を覚まし、
さて、今日もムージャン村へ散歩にでも出かけようかと、
身支度をして、部屋のドアを開けると、
珍しく、エマニエルがどこも行かずに部屋にいました。
窓を全開に開けていたので、彼女が部屋にいることが分かったのです。
あまり気にせず、エマニエルの部屋の前を通り過ぎようとしたとき、
後ろから、彼女の声が聞こえました。
「ボンジュール、トモ!どこへ行くの?」
彼女は、窓から身を乗り出していました。
「ああ、エマニエル、ボンジュール。」
「今日は部屋にいるんだ、珍しい。僕はムージャン村まで散歩へ行くところだよ。」
一旦は立ち止まったものの、すぐに僕は歩き始めました。
「ちょっと待ってて、トモ。私も行く。」
「えっ。」
彼女は、全く僕の都合も聞かずに、勝手についてくることを決めました。
もちろん、一人でぶらぶらするより、
かわいらしい女の子が横にいたほうが楽しいに決まっています。
「まぁ、いいけど。」
僕はすぐに了解の返事をしました。
窓から乗り出していた体をひっこめて、部屋の奥に入っていったと思ったら、
すぐに玄関から出てきました。
今日の帽子は、空の色より少し薄めの淡いブルーのブレードハット。
「日本に帰ってから自慢できるように、
一度くらいはイタリア美女とデートしておいた方がいいわよ。」
彼女は恩着せがましく僕にこういいました。
“なるほど、それはそうだな”と、僕も簡単に納得してしまい、
何も言い返せませんでした。


寮を出て、右側の大き目の道を登り始めようとしたとき、
「こっちの方が近道よ。」
と目の前の、ほぼ真っ直ぐに登っていく、急な細い坂道を彼女は指差しました。
確かに、ここを登っていけば近道っぽいです、
が、この道は結構急な坂道です。
彼女は容赦なく、その道を選び、とっとと歩いていきました。
“デートって言ったんだから、こっちの緩やかな大きな道を、
のんびり歩いていけばいいんじゃないか。”
そう思いながらも、僕はこの不満を一言も口に出さず、
彼女の後をだまって追っかけていきました。



つづく


*この記事は、僕の修行時代のことを書いています。
[PR]
by le-tomo | 2008-05-30 05:06 | 僕の料理人の道 81~90章
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite