人気ブログランキング |

料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

僕らの料理セッション ~第一話~

2008年2月27日(水)、
僕と黒羽シェフが、ずっとずっと願っていた“料理セッション”が、
麻布十番にある、僕のお店「エルブランシュ」にて、
みなさまの期待を超えるほどの大成功に終わりました。

こんなにワクワクしたことはないと思います。
料理の打ち合わせから当日に至るまでの準備、
そして、何より厨房で黒羽シェフと並んで料理をつくるというとてつもない幸せな時間、
僕にとって、こんなにワクワクするイベントは、まるで夢のようでした。



この、僕と黒羽シェフのコラボレーションは、
去年の6月のある日曜日、
僕たちエルブランシュのスタッフみんなで、休日の楽しみとして、
レンタカーを借りて、三島にある「マンジャ・ペッシェ」に
黒羽シェフの料理を食べに行ったのがはじまりでした。
この日は雲ひとつない晴天に恵まれていたことを、はっきりと覚えています。

黒羽シェフのことは以前から知っていて、
今までにも何度かマンジャ・ペッシェで食事をしたことがありました。
彼の料理はシンプルながらもおしゃれで、
素材の味を極限まで引き出す料理センスには、いつも感心していました。
この日は、僕が独立してから、初めて黒羽シェフのところに訪れた日でした。

美術館を一通り見学して、お腹をすかしてからレストランに入ると、
若いサービスマンの方が席まで案内してくれました。
席に着くと、テーブルのデコレーションプレートの上に、
ローズマリーがそっとさりげなく置いてありました。

ほどなくして、黒羽シェフがいつもの笑顔でテーブルまで挨拶に来てくれました。
「おめでとうございます。」
と、第一声で黒羽シェフは僕の独立を祝ってくれました。

食前酒にはイタリアのスパークリングワインで乾杯し、
運ばれてくる黒羽シェフの料理の数々は言うまでもなくすばらしいものでした。
力強く主張する三島の野菜たち、
とびっきり新鮮な沼津漁港からとどく天然の魚介。
どれもこれも、素材を大事に料理を考えてるんだなぁとはっきりとわかりました。
口の中に入れると瞬間的にとける生姜のシャーベットは印象的でした。

そんな素晴らしい料理を食べ終え、
濃いエスプレッソコーヒーを飲みながら、すっかり暗くなった窓の外を眺めていると、
黒羽シェフが再びテーブルまで来てくれました。

僕は黒羽シェフと、料理のことやお店のことを話しながら、
ふと、こんなことをつぶやきました。
「黒羽さんと一緒にコラボレーションできたらいいなぁ。」
「いいですね。やりましょうよ。」
黒羽シェフは即答でした。

こうして、“僕らの料理セッション”の計画が始まりました。



つづく
by le-tomo | 2008-02-29 06:02 | 僕らの料理セッション
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite