料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

~第72章 このままブルターニュに~  <僕の料理人の道>

しばらくの時間海を眺め、再び歩き出して数分後、
店頭で生牡蠣を並べている一軒のシーフード料理専門店が僕の目に留まりました。
このあたりでシーフード料理店なんて別に珍しくもないのですが、
僕が気になったのは、店頭に並んでいる数種類の牡蠣の中にあった
エメラルドグリーンの牡蠣です。

“こんな牡蠣見たこともない”

なんと、牡蠣の身のはらわたの部分が綺麗なエメラルドグリーン色をしているのです。
僕は引き込まれるようにこのお店に入って、このエメラルドグリーン色の牡蠣を
1ダース頼みました。

“すごいなブルターニュは。こんな牡蠣があるなんて。”
僕はますます、ブルターニュが好きになりました。

どこまでも続く白い砂浜、
とびっきり美味しい魚介類、
そして、今、目の前にある綺麗なエメラルドグリーンの生牡蠣。

まだまだ、あります。
りんごから作るほのかに甘い発泡酒のシードル、
誰もが大好きなクレープとそば粉のガレット。

フランスなのにフランスとはちょっと異国の雰囲気をもった
独自の文化をもつブルターニュ。

1ダースもある生牡蠣をものの5分ほどでたいらげ、僕は店を出ました。


“生牡蠣にシードルで作ったジュレを合わせたら美味しいだろうなぁ。”
この時、頭をよぎったのはこんな料理でした。
僕はいつのまにか、ブルターニュ料理を考えていました。


夜、ベットに入り眠りにつくまでの間、これからのブルターニュでの生活を考えました。
まるで、ブルターニュに残ることを決めたかのように...。



つづく


*この記事は、僕の修行時代のことを書いています。
[PR]
by le-tomo | 2007-08-30 02:49 | 僕の料理人の道 71~80章
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite