人気ブログランキング | 話題のタグを見る

料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

~ 第38章 仕切りなおし ~  <僕の料理人の道>

さて、楽しかったブドウ畑を散策するプチ旅行も終わりパリに来ました。
そういえば、初めて乗った飛行機で初めてきた外国であるフランスの首都パリを1年もフランスにいながら歩いたことすらありませんでした。あの時はなんとか目的地行かなければと頭の中が一杯で地下鉄から地下鉄へと乗り継ぎ、地上を見た記憶すらありませんでした。

パリに着いたのはお昼過ぎ。思っていた以上にパリは寒く軽装の僕には身にしみる寒さでした。
凱旋門をみて、シャンゼリゼ通りを歩く。「世界の散歩道」といわれるシャンゼリゼ通りはあまりにも大きすぎてどこからどこまでなのか分かりませんでした。

あっという間に真っ暗になり近くのビストロで「プラ・ド・ジュール」と書かれた日替わりであろう定食を食べました。「プラ・ド・ジュール」とは本日の料理という意味ですがその日は「フリカッセ・ド・プーレ」(鶏のクリーム煮)でした。グラスのワインとサラダが付いて80フラン(約1600円)。

7時には真っ暗になるフランスの冬。街灯が少なく、薄暗いパリの夜道を1人で歩くのは結構怖いものです。さっさとお昼のうちに見つけてチェックインしておいた安ホテルに戻りましたがこのホテル、安いだけのことはあり、トイレもシャワーも共同のぼんぼろホテルです。一泊100フラン(約2,000円)と安さにつられて泊まったのはいいのですが夜、電球が一個しかない暗い廊下をわたってトイレに行くのは命がけのような思いでした。当然、シャワーを使う勇気は僕にはありませんでした。

朝、早くチェックアウトしてシャルル・ド・ゴールへ向かい「また、戻ってくるんだ」と自分に強く言い聞かせ日本行きの便に乗り込みました。昨日の安ホテルでは安心してぐっすり眠れなかったので、飛行機にのって1時間もすると僕は深く眠りについていました。機内食が運ばれる度に起こされましたが、あっという間に日本に着きました。

「関西国際空港」

まだ、真新しいこの空港にはフランスへ出発したときに一度来ただけですが懐かしさを感じました。多分、空港が懐かしかったのではなく日本が懐かしかったのでしょうが、今でも空港に行くと懐かしさを感じます。

当たり前ですがすでに周りは日本語。話すということがこんなにも楽なことなのかと思いました。たった一年なのにずいぶん長いこと日本を離れていたような不思議な感覚です。

今までも大阪から福井へ帰った時、箱根から福井へ帰った時、それぞれ懐かしさは感じましたが、今回はそんな懐かしさとはちょっと違うものでした。やはり遠く文化の違う海外から久しぶりに帰ってきたので懐かしさの度合いが違ったのでしょうか。なんだかちょっと心地いい気分でした。とりあえず、実家に帰って仕切りなおしです。しなければならないことがたくさんあります。


僕は絶対にあきらめません。

再び美食の国フランスの地を踏むために....


つづく。


*この記事は、僕が修行していた時代のことを書いています。
by le-tomo | 2006-05-30 00:13 | 僕の料理人の道 31~40章
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite