人気ブログランキング | 話題のタグを見る

料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

~第34章 帰ってらっしゃい~  <僕の料理人の道>

マダムの運転する車で駅に向う途中、彼女は気を使って僕を励ましてくれていたのですが全く耳に入らず、駅に着いてからどうしようかということばかり考えていました。ここ、キャレ・レ・トンベ村のある真冬の山は僕の今の心境を表すかのように寂しく、色あせた景色に見えました。

山のふもとに差し掛かり、少しずつ増えてくる建物の数が、駅が近づいてくることを感じさせました。
“数ヶ月前はこの道を期待に胸膨らませ上ってきたんだよなぁ。”
あの時と同じく隣でハンドルを握っているのは色白で美人のマダムでした。

みんなに突然のさよならを言ってから1時間ちょっと経ったでしょうか。僕を乗せた車は小さな駅に着きました。“こんなに小さかったっけ。”小さくなっている筈はありませんが思っていたより小さく感じました。
車を降りてスーツケースを下ろして駅の前に呆然と立ちすくんでいるとマダムが僕に封筒を手渡しました。

「ごめんね。これだけしか出来なくて。」

封筒を開けると500フランが5枚入っていました。そしてマダムは切符売り場へ行って一枚の切符を買い、

「30分後にディジョン行きの電車が来るからそれに乗ってディジョン駅で乗り換えてパリに行くのよ。」

と言って、僕にパリ行きの切符を手渡しました。僕は「ありがとうございました。」と言ってマダムと握手をし、マダムを見送って駅の待合室に腰を降ろしました。

“さて、どうしよう。パリに行っても何も当てが無い。どこかホテルを探して明日になったら飛行機のチケットを買ってすぐに日本に帰ろうか。でも、何処で飛行機のチケットが買えるんだ?”

当ても無く途方にくれていたとき、慌てて仕舞ったスーツケースから衣類がはみ出しているのに気づき一度スーツケースを開けることにしました。ベンチの上でスーツケースを空け、雑に畳んだシャツやズボンを畳みなおしました。すると一枚の紙が真ん中のポケットに入っているのを見つけました。この紙は、僕がこのレストランに来た翌日にレストランに届いたFAXです。ここへ来る前に働いていたプロヴァンスのレストラン「マス・ド・キュル・ブルス」のみんなが送ってくれたもので一人一言ずつ書いてある寄せ書きのようなものです。

その寄せ書きを読み返し、気づいたのです。“僕には当てがある。”

駅にある公衆電話の受話器を取りマス・ド・キュル・ブルスに電話をしました。電話に出たのはオーナーのマダム・ポマレードでした。事情を話すとマダム・ポマレードは「すぐに帰ってらっしゃい。」と言ってくれました。「帰ってらっしゃい」の言葉に僕は胸を打たれ、安心したのか涙がでました。


つづく

*この記事は、僕が修行していた時代のことを書いています。
by le-tomo | 2006-04-28 22:47 | 僕の料理人の道 31~40章
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite