人気ブログランキング | 話題のタグを見る

料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

~ 第99章 ようこそ、魅惑の世界へ ~  <僕の料理人の道>

一夜明けて...。

昨日の興奮が、まぶたの奥をふるわせている感覚がまだ残っています。
満足感、達成感が、胸の奥でじんじんしています。
この感覚が消えるまもなく、
ムーラン・ド・ムージャンでは瞬時に通常の営業スタイルにもどります。
容赦なく訪れるグルメでセレブなお客様を
一日、百人以上こなさなければなりません。
いつまでも、過ぎ去ったことの満足感にひたっているわけにはいかないのです。
気持ちをちゃんと入れかえなければいけません。
僕たちはプロなのですから。
そして、ここは世界的に有名な一流レストランですから。





僕は幸運にも、
ムーラン・ド・ムージャンの一大イベントに参加できたことを感謝し、喜んでいました。
でも、僕はこのレストランとの契約がもうすぐ終わろうとしていました。
僕には、東京のレストランオーナーとの料理長契約が迫っていたのです。
あと数週間後、
僕はこのフランスをあとにしなければなりません。
東京のフレンチレストランのシェフになるために。
寂しさと期待感が入り混じり、複雑な心境でした。


コラボのイベントまでは、
イベントに参加できるという喜びで頭が一杯でしたが、
終わって一夜明けると、急にそんな複雑な心境になっていきました。
僕の力では、この心の動きをコントロールすることはできません。
そんなとき、
ショレイシェフからお呼びがかかりました。
「トモ、明日からパテスリー(デザート部門)に行け。
もう少しで、日本に帰るんだろ。最後はパティシエだ。」
「はい、ありがとうございます。」



“最後”
この言葉に強く反応してしまいます。
フランスに来て三年が過ぎようとしていました。
“そういえば、三年前に、はじめてフランスに来て、
最初はオードブル部門からはじめたんだよなあ。
最後はデザートで締めくくりか。
フルコース、全部味わえそうだな。”
僕は心の中で自分に対してちょっとだけ笑い、
寂しさを消そうとしました。




「よろしくお願いします。」
パテスリーの場所は、厨房の左はじにあります。
デザートのシェフはフィリップという名の丸坊主の大男。
ポワソニエのシルヴァンより大きな体です。
手も、僕の倍くらいはあります。
そんな丸坊主で大男の彼がつくるデザートは、
なんと(!)チャーミングで繊細。
彼は、体は大きいですが、
とても優しく穏やかな口調で話します。

「ようこそ、誘惑の世界、パティスリーへ。」



つづく



*この記事は、僕の修行時代のことを書いています。
by le-tomo | 2009-03-23 00:45 | 僕の料理人の道 91~103章
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite