料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

『僕らは古代ギリシアに恋してる。・・・エリック・サティをめぐる音楽と料理の冒険』報告記 その4

Kyの音楽は自由な創造力と表現力、
未知なる可能性のかたまりのような音楽でした。
僕は何かを感じながらも、
それが何なのかは分かりませんでした。





隣にすわっていた友人が突然、ぼそっと言いました。
「小川シェフ、エルブランシュにKY をお呼びして、
音楽食事会やるのって、いかがですか?」
実は、彼は、KYのふたりと仲の良い友人でした。
僕は、そのアイディアに驚き、
一瞬なんと答えていいかわかりませんでした。
が、たしかにエルブランシュにお客様が集まり、
彼らが彼らの不思議で創造的な音楽を演奏し、
僕が料理をふるまう光景を想像すると、
それはいかにも楽しそうな光景でした。
しかも友人は、「ねぇ、小川シェフ、
いい企画じゃないですか、
ちょっとお願いしてみましょう。」
と、たいそう乗り気です。
僕もだんだんわくわくしてきました。
そこで、友人が話をもちかけ、
彼らは、この突然のお願いにこころよく承諾してくれて、
そこでKYと僕によるセッション食事会が実現する運びになりました。








その後、KY のふたりと僕と、仲をとりもつ友人とで打ち合わせをして、
タイトルは決定しました、
『僕らは古代ギリシアに恋してる。
・・・エリック・サティをめぐる音楽と料理の冒険』
日程は、2008年10月28日@エルブランシュ。
「エリック・サティ」という(古代ギリシアを愛した)作曲家をいわば仲人に、
KYは音楽で、僕は料理で、それぞれの想像力と表現力をふりしぼり、
ひとつの世界(古代ギリシアへの夢)を創り出す、
そんな主題の食事会です。








さて、日程が決まってから僕は、
CDでエリック・サティの曲を聴き、
(ふうがわりなタイトルのふうがわりな曲ばかりでした!)、
そして僕はイメージしました、
シクルハットと燕尾服の気難しそうで皮肉なユーモアをそなえた作曲家が、
コウモリ傘を抱えてパリの街をうろつく姿を。
そして、その彼のイメージする古代ローマを。
同時に、僕は、そのサティをサックスとエレキギターで演奏する
KYのイマジネーションを感じながら、
遥か二千年前の地中海を想像し、
僕なりの表現力で古代ギリシアの料理を再現しました。








「わたしは白い食物だけを常食する」
とうそぶいていたエリック・サティのために、
僕は白い料理もいくつか考えました。
そして同時に僕は、KYのふたりの音楽に潜む、
未知なる可能性を、僕のなかにも見出そうとしました。
そう、この食事会は僕にとって、
僕の中の可能性を見出すための修練のようにも思えていました。
この食事会が終わったとき、
僕には、新たに光り輝く可能性が見出せるのでは・・・。
それは僕にとって「冒険」でもあり、
「希望」でもありました。
しかし、同時に、不安もまたありました、
ほんの少しではありましたけれど。






つづく
[PR]
by le-tomo | 2008-12-29 12:26 | エル ブランシュへ、ようこそ
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by tomohi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite