料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

2016年 明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

みなさま、お正月はのんびり過ごされているでしょうか。
今年は、僕にとって大きな挑戦の年となりそうです。
東京で独立し、早9年。
10年目の今年は、故郷である福井でレストランをオープンします。
このプロジェクトでは、Makuakeサイトにてクラウドファンディングにも挑戦し、
おかけ様で開始1週間たたないうちに目標金額の約60%に達することが出来ました。
地方創生を目的に、「デスティネーションレストラン」というコンセプトを掲げ、
遠くまで足を運ぶ価値のあるレストランを目指します。
たくさんの応援と励ましの声をいただき、
この事業の意義と責任の大きさを改めて実感しながら新年を迎えました。
Makuakeは3月11日が期限ですがリターンに限りあるものもありますので、
ご興味がありましたらお早めにご支援くださいますようお願い申し上げます。


海の見える古民家を再生!すべてが新しいレストラン『LULL』(ラル)を福井に!
https://www.makuake.com/project/minorrivers/


今年は暖冬のようで、あまり厳しい寒さには見舞われず比較的過ごしやすい冬となりそうですね。
暖冬とは言え、冬はまだ続きますのでお身体ご自愛くださいませ。
応援して下さっているみなさまに心より感謝申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

小川智寛
[PR]
# by le-tomo | 2016-01-02 22:16 | その他いろいろ...

Makuake プロジェクトスタート!

前回、福井でオープンする、
デスティネーションレストランLULL(ラル)のことを少しお話ししました。
今回はこのLULLプロジェクトで
Makuakeサイトにてクラウドファンディングを行うことになったのでご案内とお願いです。

Makuake(マクアケ)

LULLのプロジェクトサイトはこちらをクリック↓

https://www.makuake.com/project/minorrivers/
2015年12月25日~2016年3月11日まで。


福井に新たに会社を設立して挑むこのプロジェクトは、
僕が故郷に錦を飾るためではないです。
本当に本当に、福井が活性化してくれればと願っての挑戦です。

2015年5月に福井に新会社、株式会社マイナーリバーズを設立。
https://www.facebook.com/minorRivers/

故郷をお持ちの方はみなさん当然でしょうが、僕も故郷を愛しています。
だから、福井と関係ない方も福井のことを好きになってもらえればと、
そして、遠くからでも足を運んでいただければと…。
たった一つレストランが出来るだけかもしれませんが僕は全力で走ります。

このレストランに遠くからでも足を運んでいただけるよう、
新しい価値を創るというミッションでLULLは来年4月にオープンします。

空間、料理、音楽…
新しい体験をするためのレストランです。

是非、ご支援ください!
よろしくお願いいたします!
https://www.makuake.com/project/minorrivers/

ご支援いただいた方々にはそれぞれリターンが設定されています。
福井に行けなくともリターンはありますのでどうぞよろしくお願いいたします。

小川智寛

c0007246_3262875.jpg

c0007246_327138.jpg

c0007246_15313673.jpg

c0007246_15323115.jpg

[PR]
# by le-tomo | 2015-12-24 15:30 | マイナーリバーズ@FUKUI

LULL-ラル

来年4月に新たにレストランを福井県にオープンする。
遠くからでも足を運ぶ価値のあるデスティネーションレストラン。

場所は日本海を眺める305号線沿いで東尋坊の近く。
三国(みくに)という港町にある。

c0007246_2157472.jpg

c0007246_22275515.jpg

c0007246_2229138.jpg

c0007246_21584923.jpg

c0007246_21595585.jpg


レストランの名前はLULL(ラル)
c0007246_22202630.jpg

英語で「凪」を意味する店名は、古いジャズの名曲
There’s a Lull in My Lifeからのもの。
エラ・フィッツジェラルド(Ella Jane Fitzgerald)が歌うこの曲が大好きだ。
c0007246_21371735.png



LULLは築120年以上のとても古い古民家を改修して作られる。
しかも当時の宮大工が五年もの歳月をかけて作った文化財級の建築物。
ここで生まれ育ったオーケストラ指揮者の小松長生氏より、
この建物の再生を頼まれ、LULLプロジェクトが始まった。

c0007246_2271771.png

そしてパートナーである川崎と共に、福井でマイナーリバーズを結成した。
僕たちはLULLを古民家の雰囲気を残しながらも、
モダンでスタイリッシュなレストランにリノベーションすることにした。
そこで空間デザインを、表参道のCICADAをデザインした
bazikの滝澤雄樹氏にお願いすることにした。

↓滝澤氏がデザインした表参道の人気店CICADA
c0007246_21461561.jpg

↓LULLエントランスCG
c0007246_2223467.jpg


料理も新しいスタイルで挑戦する。
Surf&Turf(サーフ&ターフ)というテーマ。
海のものと大地のものを一つの料理で表現する、全く新しい試み。

LULLは体験型のレストラン。
ここにしかない、ここでしかありえない、
そんなOne&Onlyなレストランを目指す。

クラッシック音楽の室内楽やジャズライブなどのイベントも企画し、
食事と音楽を同時に楽しんでいただくことも考えている。

いにしえの歴史を感じながら
海を渡って交流した多くの人々に思いを馳せながら
ひとりで、または大切な人たちと一緒に美味しいお料理で
身も心も満たされる場所、
それを創り出すのがこのLULLというレストラン。

c0007246_22272970.png


新しい価値の創造で地方創生を目指す、新たな挑戦。
不安よりもワクワクが止まらない。
(一緒に働くスタッフも募集中)
[PR]
# by le-tomo | 2015-12-16 22:30 | マイナーリバーズ@FUKUI

TOKYO-FUKUI

東京の麻布十番と言う都会の真ん中でエルブランシュを立ち上げ、
東京という街の素晴らしさと恐ろしさを身に染みて体験してきた。
世界中の食材が手に入る東京、
世界中からたくさんの人が集まる東京、
そして競合店だらけの東京。

僕はそんな東京の麻布十番で一旗揚げてやろうと、
33歳の時に、ちょっと無理をしてエルブランシュをオープンさせた。
エルブランシュでは、世界でもトップレベルの極上食材を仕入れ、
僕が学んできたフランス料理の基本を最も大事にした料理と、
ソムリエである弟と共にワインを吟味しマリアージュを大切にしている。
都会の舌の肥えたお客様に満足してもらうのは並大抵のことではない。
東京でお店をやっていくというといことは戦い続けるということだと思う。
だから競争があり、切磋琢磨して素晴らしいものを創りだすエネルギーが生まれる。
反対に、一瞬でも気を抜いたものは消えていくしかない。
この戦場でオーナーシェフとしてもうすぐ10年目を迎えようとしている。


福井という地方は日本人でもなじみの少ない田舎の中の田舎だ。
日本地図を頭に浮かべても福井県がどこに位置するのかも分からない人たちが8割だろう。
ただ、最近は北陸新幹線の金沢開通で北陸という知名度が一気に上がり、
もしかして福井を知る人が2,000人くらいは増えたかもしれない。
5年後には北陸新幹線は福井まで開通する予定らしい。
日本はもうどこに行くのもそんなに遠くはなくなるのだろう。
これから田舎は、もっともっと都会のすぐそばに来るだろう。

福井に生まれて、福井で育って、フランスに行って、東京に来た。
そして、今度はまた福井に行く。
東京でレストランしながら、福井にもレストランを作ることにした。
福井に新たに会社を設立して挑む、大きな挑戦。
人がたくさんいるところにレストランを作ってもうすぐ10年。
今度は人があまりいないところにレストランを作りたくなった。

それは「デスティネーションレストラン」という発想。
わざわざ足を運ぶ価値のあるレストラン。
外国人のインバウンドにも注力するオンリーワンな出来るレストラン。
きっと誰も見たことの無いレストランが誕生するだろう。

名前は「LULL」(ラル)
福井で海の見える古民家をヒップにリノベーションして来春オープンします。


c0007246_20515735.jpg

[PR]
# by le-tomo | 2015-09-26 20:58 | マイナーリバーズ@FUKUI

Surf&Turf

料理人になって20年以上が経った。
自分のお店をもって8年が過ぎた。

今までエルブランシュは「魔法のフォアグラ」でここまで来れたのだけど、
最近、僕は新しいテーマの料理に挑戦している。

それが、「Surf&Turf」(サーフ&ターフ)
海のものと山のものを一つの料理で表現するということ。
味わいを立体的に表現でき、複雑な味覚の構成ながらも舌の上ではシンプルに感じるように、
海と山との一体感を目指す。
この発想は僕の生まれ故郷の福井にある。
日本有数のリアス式海岸を持つ福井は、海と山とが非常に接近している珍しい地域。
名水百選に選ばれるほどの美味しい湧き水が、たっぷりのミネラルと共に海に流れ出て、
その海は荒々しくも優しい日本海。そこにはたくさんの魚介がたくましく生きている。
山には、自然の森林が生き生きとしていて、そこには動物と人間と山菜が共に生きている。
そんな田舎の福井。
そんな素敵な福井。
それは今の僕には美しく感じる。

Surf&Turfはそんな美しさを料理で表現したいと思ったから。
まだまだ発展途上中だけど面白くてたまらない。
例えば牛肉の赤ワイン煮とオマールエビを合わせてみる。
仔羊のローストのソースに浅蜊の出汁を加えてみる。
なんて豊かで、なんて美しい味なんだろうと思う。

今の僕の感性を、出来るだけ精一杯見開いて、僕は料理と向き合う。
それが僕の料理人の道。

c0007246_19395776.jpg

[PR]
# by le-tomo | 2015-08-06 19:40 | エル ブランシュへ、ようこそ
line

オーナーシェフとしてのいろいろ。


by le-tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite