料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

~第28章 100件目のレストラン~  <僕の料理人の道>

ジョフレイは自分のジュースを作り終えると一口飲んでから、僕の渡した手紙を読み始めました。

「・・・。」
「トモ、ここへ行くの?」


「えっ!行けるの?」
僕は急に嬉しさがこみ上げてきました。“やっぱり、OKの返事だ。”


ジョフレイは手紙の内容を簡単に僕に説明した後、「お母さんに見せてこよう。」といってマダム・ポマレードのいる部屋に走っていきこの手紙をマダムに渡しました。マダムもこの吉報をすごく喜んでくれ、すぐに連絡したほうがいいとこのレストランに電話をしてくれました。

ただ、ジョフレイは遊び友達が一人減るので少し寂しそうな感じでした。彼とはよく休みの日に遊びました。特に剣道を教えたことをよく覚えています。剣道は中学生の時、体育の授業で少し習っただけなのでいい加減なものですが、ジョフレイは真剣に聞いてくれました。

こうして僕は100件くらいのレストランに手紙を出してやっと1件、僕を雇ってくれるレストランを見つけたのです。場所はシャブリという白ワインで有名なヨンヌ県にある一つ星のレストランです。出発は2週間後。

ディナーの仕込みが始まる時間、シェフが来るとすぐにこのことを報告するとシェフは僕に
「よかったな、トモ。じゃあ、あと少しだけども今日から俺と一緒にストーブ前をやろうか。」
と言ってくれました。ストーブ前とは魚や肉を焼くセクションです。かなり高等な技術を要します。

フランスへは、もちろん料理の勉強に来たのですが、初めて外国で生活をして異国の人間とふれあうことで料理以外にもたくさん勉強をさせてもらいました。こんなに温かく言葉の分からない日本人の僕を受け入れてくれたマス・ド・キュル・ブルスのみんなには感謝の気持ちで一杯です。

最後の2週間は特にいろいろありました。
オーナーの家族みんなで映画に行ったり、シェフと卓球の決着をつけるべくシェフの奥さんを立ち合わせて試合をしたり。

こんなこともありました。
受付の女性スタッフが3歳の子供を職場に連れてきたのですが、1時間だけ見ていてくれと僕に預けたのです。僕は日本人の子供も面倒みたことないのであせりましたが1時間だけのことだからと了解しました。その子が好きだという絵本を渡されてそれを読んであげることになったのですがどうやら僕のたどたどしいフランス語じゃ満足せず絵本を子供に取り上げられ逆に僕がその子に読んでもらう羽目に…。

ノエミのうちに行って僕が腕を振るって夕飯も作りました。

アプランティ(見習い)のヨアンヌの親がお世話になったからといって僕を夕飯に招待してくれてお別れ会を開いてくれたりもしました。

最初の修行先がここで本当によかったと心のそこから思いました。

そして、とうとう最後の日を迎えました。


つづく


*この記事は、僕が修行していた時代のことを書いています。
[PR]
by le-tomo | 2006-03-31 01:22 | 僕の料理人の道 21~30章

~第27章 とあるオーベルジュからの手紙~ <僕の料理人の道>

それでも諦めずに手紙を書き続けました。
100件くらいのレストランに手紙を書いたでしょうか。その頃には手紙を書くのが習慣のようになっていました。

“別に無理に他のレストランに移らなくてもここにいれば楽なんじゃないか。”

そんなことを思うときもありました。でも、せっかくフランスで働けるチャンスなのでいろんなレストランで働いて見たいという意思は強く、ただひたすら手紙を書き続けました。

あんなにうるさかったセミの鳴き声は聞こえなくなり、ほんの少し涼しい風が吹きはじめた頃、ブルゴーニュ地方のオーベルジュから一通の手紙が届きました。手紙を書き始めてからたまにですがこうやって返事が何通か返ってきたことはありましたがいずれもいい返事は一通もありませんでした。手紙を書き始めた頃は受け取ったらすぐにその場で開封していたのですが今ではとりあえずポケットにしまうようになっていました。

ランチタイムが終わりディナーの仕込みまで時間があるので部屋に戻り別途に横たわって今朝届いたオーベルジュからの手紙を開けました。この日はサッカーの練習もシェフとの卓球も無かったのです。

封を開けてフランス語で書かれた手紙を読むといつもの内容と何か違うような気がしたのです。手紙を読むと言ってもまだ、僕には文章をすらすら読めるほどフランス語が達者なわけでもなく何通か届いたネガティブな手紙を読んでいるうちにそんな文章に慣れたといったほうが正しいでしょう。意味は分からなくてもなんとなく内容は分かるものです。だいたい良く似た単語が並んでいますから。

“今回届いた手紙の内容はなんとなく違うような。もしかして…。”

急に希望が湧いてきました。早速辞書をひきましたが確信が持てず誰かに見せなければと焦りました。急いで誰かに見せなければ…。

2階にある僕の部屋から階段を駆け下り1階へ。人の気配を探してバーに向かいました。そこにはオーナーの息子“ジョフレイ”がシロップでジュースを作って飲んでいました。

彼はまだ11歳。でもこの際フランス語が読めれば誰でもいい。

「サリュー、ジョフレイ。この手紙を読んでくれないか?」


つづく


*この記事は、僕が修行していた時代のことを書いています。
[PR]
by le-tomo | 2006-03-21 22:56 | 僕の料理人の道 21~30章

誕生日  (トピックス)

今日は僕の33歳の誕生日です。すっかり忘れていました。

今日のお昼はウェディングパーティーでした。終わってお二人に挨拶に行くと...

「シェフ、誕生日おめでとうございます。」

と、新郎さんからケーキを差し出されました。


いやぁ~、驚きました。僕がお二人におめでとうございますを言いに言ったのに、逆に言われてしまったのですから。しかもかなり、サプライズでした。全く無防備でしたから。
どうやらうちのパティシエがケーキを作り、スタッフみんなで企んで新郎・新婦を巻き込んだようです。

ご新郎、ご新婦様、お手数かけました。そしてみんなありがとう!

ぞろ目の33歳、良いことあるでしょうか。ありますように...。
[PR]
by le-tomo | 2006-03-12 22:47 | その他いろいろ...

~第27章 手紙とペンだこ~  <僕の料理人の道>

フランスでの最初の修行の地、南仏プロヴァンスへ来て早や半年が過ぎました。

このレストランではオードブルを任されるようになりみんなとも打ち解けて、思うようにフランス語で話せないものの相手の言っていることはなんとなく分かるようになっていました。

“そろそろ、次のレストランを探し始めようかな。”

そんなことを思うようになっていたのです。そこで、このことをオーナーやシェフに話しました。日本から修行に来ていてそんなに何年もフランスに居れないことをみんな知っていたので快く協力してくれることになりました。みんなに手伝ってもらいながら履歴書と職務経歴書を書いて、フランス語で手紙を添えてミシュランから希望のレストランを20件リストアップし投函しました。次に僕が選んだ地方はブルゴーニュです。ワインで有名なブルゴーニュ地方には素晴らしいレストランがたくさんあるのです。僕自身ブルゴーニュのワインが一番好きなのでまだ、行き先が決まっていないのにワクワクしていました。

手紙を出してから1週間...、一通も返事が来ません。
そう簡単に日本人を雇ってくれるレストランなど無かったのです。簡単ではないことは分かっていたのですが一通も返事すら来ないなんてショックでした。でも、落ち込んでいるわけにはいきません。すぐにまた、別のレストランを20件リストアップして手紙を書きました。僕は全ての書類と手紙をコピーやワープロではなく手書きで書いていました。

そして祈りを込めてポストへ…。

ついに3日後、僕宛に電話が来ました。そうです、先日、手紙を送ったレストランからだったのです。オーナーのマダムが飛んできました。

「来たわよ、トモ!レストランからよ!」
「どうする?私が代わりに聞いてあげるわ。」

と僕の返事も待たずに、言葉に不安のある僕の代わりに話を聞いてくれました。
すると、その電話はものの30秒もしないうちに終わり、マダムは受話器を置きました。僕はすぐに察しました。

駄目だったんだと...。

次の日、一通の手紙が届きました。レストランからです。その手紙を手にし、祈るように封をあけ一枚だけ入っている手紙を読みました。目の前に辞書を置いて。

...また、駄目でした。
それっきり、1週間経っても一通も返事は来ませんでした。これで1件に対し3枚の紙を書いていたので合計で120枚の手書きの紙が何の意味も持たず消えていったのです。僕の右手には包丁だこと一緒にペンだこが出来ていました。


つづく


*この記事は、僕が修行していた時代のことを書いています。
[PR]
by le-tomo | 2006-03-10 00:33 | 僕の料理人の道 21~30章
line

オーナーシェフとしてのいろいろ。


by le-tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite