料理人の休日

ryorinin.exblog.jp ブログトップ

やるせない気持ち…

ショックなことが…


僕は故郷の活性化を目的とした飲食事業を今年から始めた。
それで福井(坂井市三国町)に今2店舗あるのだけれども、

その一つにフレンチデリのお店「HALF MOON BAY」がある。

それで去年、スタッフを探している時、若い料理人が一人名乗りを上げた。
素朴な真面目そうな子だったのですぐに採用を決めた。
ただ、レストランでまだ働いていたため、

お店に迷惑をかけないようにと、そのお店の都合に合わせることにした。

結局、僕はそのお店の都合を最大限気遣ってオープンを半年遅らせることにした。

空家賃払って。
スジを通すために、オーナーシェフに食事がてら挨拶にも行った。
だが、彼はうちに来て半年もしないうちに、やっぱり辞めたいと言って来た。
前のお店に戻りたいと。
えっ?と思ったが、まあ、そう言うなら仕方ない。
ところが、彼が元のレストランに戻った1ヶ月後、

そのオーナーは、うちと同じようなフレンチデリのお店をオープンさせた。
(9月末に辞めて11月にオープンって…。)
と言うことを今日、スタッフから送られて来たローカル誌で知った。
業者から聞いたのだが、前からそのオーナーはデリのお店を計画をしていたけど

ノウハウがなくてなかなかオープンに至らなかったらしい。
明らかに仕組まれていた。僕は利用されたのだろう。
メニューはもちろん、パッケージも、値札も、ショーケースまでそっくりだし。
それを知って、怒りがこみ上げて来た。
コピーされることは悪いことじゃないし、

福井にはほとんどないオシャレなフレンチデリが増えるのも

地方活性化につながれば喜ばしいと思う。
でもこういうやり方って…。
ショックと怒りで思わず投稿してしまいました。


不愉快な記事ですいません。
お付き合いいただきありがとうございました。


[PR]
by le-tomo | 2016-12-06 11:48 | マイナーリバーズ@FUKUI
line

エルブランシュ(麻布十番)のオーナーシェフ


by le-tomo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite